ブログ

NEWS & BLOG

BLOG 

省エネな暮らしが出来る設計

2016.12.09

設計の牧内です

 

前回は省エネに暮らす工夫について記載しました。

 

今回は省エネな暮らしが出来る、家づくり・設計の実際について触れたいと思います。

 

寒くなって暖房の費用が大きくなります。お財布にやさしいい暖房エネルギーの一番手は何といってもお日さまです。 

なぜならば、当たり前ですが「ただですから。」

 

南側の窓からたっぷりと日射が入るように計画をしましょう。

どの位の熱エネルギーが得られるといえば巾1.5間(2.7m)の掃き出し窓からは、電気ストーブ1台 約1000wを超える程の熱が得られます。

 

根拠を計算例をお示ししましょう。

2.5m×1.9m×336w×0.79=1260w 

窓ガラスの幅×高さ×南面の冬の平均日射熱量×ガラスの日射取得率

 

少し面倒ですが難しい計算ではありません。

 

次は断熱材の種類と性能について書きたいと思います。

 

イソップDESIGNのブログにはこちらからどうぞ